現代風Ayurveda(アーユルヴェーダ)ナチュラルなあなたの人生作りをサポート《サロンマーテル 理論に基づいた法則》

現代風 Ayurveda (アーユルヴェーダ)とは?

サロン マーテル セオリー(理論)に基づき
わかりやすくご紹介致します。

サロンマーテル セオリー(理論)『笑うとガンは消える』を解明←ここをクリック



アーユルヴェーダは5,000年の歴史を持つ、古来東洋医学と言われる自然科学を用いた療法です。。。

私たち人類は、自然の中から生まれました。そして、自然摂理としての法則があります。

現在の生活では、多忙のあまり、ゆっくりと自然の流れ(自然界の循環)について考えることは出来ないかもしれませんね。


しかし、令和になった今こそ、考えを改め『自然法則』を受け入れ、私たちの生活に取り入れるべきでしょう

その法則とは…

生命を維持するには、人類-・動物・植物などあらゆる生命体が各々の常温を保つことにあります。

人類の常温は、ご存知のように36〜37℃となりますね

アーユルヴェーダは、この36〜37℃の体内温度を保つための方法を説いています

個人個人の体質により体内温度は異なります。それは、家族であってもそれぞれの体内温度が異なる事を説いています。それぞれが、常に36〜37℃の体内温度を保つ方法が自然摂理なのです。

では、どのようにすれば良いのでしょうか?

例えば、身体が常に冷えている人
どのような食材を好んでいますか?
その食材の特徴はどのようなものでしょうか?

あるいは、身体が常に熱く感じる人
どのような食材を好んでいますか?
その食材の特徴はどのようなものでしょうか?

このように、日常の生活を見直してみることで、摂り入れすぎている食材や不足している食材に気づく事ができます。体内温度を保つには、どのような食材を摂り入れると冷えた体温が上げることができるのか、熱を持ちすぎている体温を下げることができるのかを学ぶことができます。

36〜37℃の体内温度を保つことで、病気を防ぐことが可能になります。勿論、風邪は引きにくくなるでしょう。

そして、女性なら特に気になることと思いますが、お肌を若々しく保つ方法も、この36〜37℃を保つことになります。シワのない弾力のあるお肌。血色の良い艶やかなお肌。すべては、あなたの体内温度にヒントが隠されています。

体内温度の変化は、食材だけではなく、調理法や行動によっても起こります。そして、この変化は、感情にも現れる事を説いています。平温とは、平常心(穏やかさ)と言い換えることもできますね。

アーユルヴェーダを学ぶことで、あなたの本質を知ることができ、自身の感情の揺れや身体の変化に合わせた食材や行動を取り入れて、常に平常心を保つ知識を得られます。