《手と身体の繋がり検証》パート1 〜呼吸をスムーズに導く【手首①】〜


こんにちは
お待たせいたしました。

こちらの「手と身体との繋がり」の解説は
日常の「あなたの手」について関心を持って頂くことが目的です
その為、手と身体のお話と注意点をお伝えいたします。

《テクニックはセルフケアコーチング》で学べます。セルフケア コーチング専門サイト
セルフケアコーチングでは文章化できない、
「あなたの手の動き、身体の動きをチェックする」ことを重要視しています。


現在のあなたの状態「手や身体」は、
〈何故?正常な状態ではなくズレを起こしているのか?〉

あなたは、気付いていますか?


それは、骨格のズレから始まり、筋肉の硬直によって型造られた現在の状態です。


この骨格のズレを回復する(整える)には硬直した筋肉を緩めるテクニックが必要です。


個人個人の状態は異なります。あなただけの回復方法が必要になります。

私は、これまで身体のズレについて考え、セルフケアで行う方法を試行錯誤で作り上げてきました。



私の伝えるセルフケアを習得して頂ければ、お顔のシワやお肌の衰えの悩みは、回復できるように、ご自身で作り上げてゆけます。🤗

併せて、健康にも導かれることは言うまでもありません。👍


私事ではありますが、骨格の調整は私にとって容易なため、アクシデントによる打撲などの痛みは、軽度に抑えることは可能です。



このようなテクニックを伝え続けることを《終生の目的》としております。🤟😸

分かりやすい言葉を使いながら、解説できればと考えテキスト化いたしました。🧐

あなたにとって、とても大切なことは
毎日の習慣です


このテーマが
〈生活習慣の見直しと身体を労わる〉きっかけになって頂けることを強く願います。


そのポイントをお伝えいたします。

栄えある第一回目

【手首(内側)】についてお話いたします。
ここでいう手首は、手と手首のシワの入ったところから3~4cm位の範囲と致します。

【反射区】
上 手首
   下 胸骨 肋骨

この画像を見ると、骨と骨の間(尺骨と橈骨)には隙間があります。隙間があるにも関わらず…

あなたの手首はいかがでしょうか? 

硬いですか?柔らかいでしょうか?

あなたは、腕時計やブレスレットを毎日していますか?数珠などでも。。。

手首に負担(重み)をかけることで、側面の骨は手首内側へ内側へと回り込んで接近してしまいます。

手首の中心(骨と骨の間)が、開く(広がる)事で、腹部や胸部が楽になります。喉に空間ができるような、軽さを感じることが可能になります。

この手首のズレ(骨格の接近)が原因で、喉の詰まりや呼吸困難に陥ることも考えられます。

サロンマーテル理論に基づき
手首内側の反射区は

・腹部

・鼠蹊部

・脇

・喉

・胸肋関節(鎖骨周り)

・足首
などを表します。

(右側は右側・左側は左側)


上記に挙げた部位を触って頂くと、窪みを感じませんか?
手首と同じ窪みです。(骨と骨の隙間です)😀

反射区は、常に似通った点があるという事が、お判りいただけますか?
その窪みは、隙間となるべき部位です。

ところが、私たちの日常の動きや姿勢によってその隙間が圧迫しています。


・腹部ならば上体の縮み
・鼠径部ならば脚を内に寄せる癖
・喉ならば上を向くことが少なくなる習慣
・足首ならば足裏を広げなくなった習慣
    など

挙げれば切りがありません。😅

身体の構造は、「動き」を作るために、必要な部位に隙間を与えられています。

しかし、あなたの日常の生活習慣によって、骨と骨が接近しています。

この骨格の狭まりから、筋肉に圧力が掛かっていることに気付きましょう。💡

そして、圧力の掛かった筋肉は柔軟性を無くします。その上、硬直化へと進んでしまいます。硬直した筋肉は血液をスムーズに送ることが出来なくなります。😰


この血液循環の悪化が《痛み》となってあなたにサインを送っています。


《痛み(痛い!)》は血液が流れにくくなっている身体からのサインです。(血行不良)

そのサインに気付いたら、患部の周りから優しく血液を流すように、血液の流れを広げてゆきましょう。(範囲は大きく)

打身でも青あざにしない立証🤔 ←コチラ

このことから、あなたが『痛い!』と感じた時、何が原因なのか、その瞬間どんな体勢だったのか!思い出してくださいね。

それに沿ったお話です。

例えば、鍵を鍵穴に刺して手首の状態を観察した後、鍵を回してみましょう。
さて、あなたの手首はどのようになっていますか?

少しの間、その状態を保ってみましょう。
あなたは手首から何かを感じることができますか?

手首を回すことの
捻りに注意

この時、上記に挙げた反射区も同じように捻っています。
特に喉と腹部に注意しましょう。😱

その時の手首の状態は、骨と骨とが接近し筋肉を圧迫しています。
その状態を身体で感じて頂けるようになれれば、今後の注意や改善方法もわかって頂けると考えます。

手首の捻りの解消は
一回で回さずに
一度、手を元の位置に戻す

捻ったら伸ばす
伸ばしたら広げる


手首の負担になるものは、できるだけ付けない。
外出で必要に追われアクセサリーを付けたなら、帰宅したら、すぐに外す。
外した後は手首を広げる。
親指と小指は長時間近づけない。(橈骨と尺骨が中心に寄る)

手首に関わる、今後の生活の注意点として頂きたいこと (セルフケアで出来ること)

あっ!

腕組みも要注意です!!😅

この様に注意してみてくださいね。

何故なら、全て骨と骨の隙間を狭めない為です。

手首であっても、身体に全て関わっていること、繋がっていることを忘れないでくださいね。

セルフケアとしては

手首を解すだけでも、反射区にも良い影響が現れます。


例えば
鎖骨周りの緊張がほぐれるとか
鼠径部の詰まりが楽になるとか
足首の動きが軽くなるとか

ここにヒント!

反射区は全て同じ目的にするため、各部位は同じ姿勢(状態)で行ってください。

例えば、手首を指側に反らしているのに、顔は下を向いているとか。。。

この姿勢は、手首と鎖骨の目的が異なってしまいますね。

このようにして、あなたの身体が何を望んでいるのかを、あなたが自然に気付けるように感じて行きましょう☆彡

応援してます👍


次回のテーマも、あなたの習慣を改善できるようなテキスト化を試みますね😅

今日も、あなたにとって

素敵な1日でありますように😊❣️

good Luck🤟

see you aging👋

長文をお読み頂きありがとうございました。

回復テクニックやセルフケアレッスンはコーチングにてお伝えしております。

セルフケア コーチング専用HP

充実した日々の中で…


充実した日々…
時々感じる
もう一人のあなた

サロン マーテルでは

あなたに贈る

健康アドバイスを伝授しております(^_-)-☆

公式LINE member‘s登録で、健康アドバイスを配信しています。

サロン マーテル 公式LINEコチラ

ホームページ:

https://www.ayurveda-salon-mater.jp/

Ayurveda .salon .Mater

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中