《手と身体の繋がり検証》パート7 〜あなたの姿勢を左右する【親指側②】〜

この状態は、身体の正中線が捻っていることを意味します。身体の上下で詰まり(圧迫)続けていたことに繋がっていました。(事故が原因です😅)

😰このように長期に渡る症状を抱えるよりも、あなたは、セルフケアで親指の状態を基本の位置に戻すように心掛けて頂くことが、とても大切になります

私は、いろんな方法を試して、親指と人差し指の使い方に疑問を持ち始めたころから、「いかにすれば、もっと身体が快適に使えるようになるのだろう。」「どのようにすれば、身体の疲れが溜まらないようになるのだろう。」と試行錯誤で探し求めました。

ただ、とても常識外れの方法です。あなたはこの方法を理解しがたいかもしれません。
しかし、予想に反し、身体の状態は回復へ向かうでしょう。🤗私が回復しています。

親指は、身体の正中線です。

歪まない姿勢を作るために必要なこと

*あなたの親指の柔軟性が重要です。

*あなたの手首から親指指先のラインが重要です。

*あなたの親指の関節が重要です。

全てが基本の位置に整うことで、あなたの姿勢が整い始めます。(指の付け根から指先まで伸ばすイメージ)

身体が、伸び伸びと動かしやすくなることに繋がります。

筋肉の柔軟性とズレのない骨格は、あなたの全身に血液循環を良好に保てる方法の一つです。

あなたが、親指に対する意識を改めることで、今までとは違う「手」の使い方を考えるようになるでしょう。

親指を小指側に回すように、力いっぱい握ることが、どれほど身体に悪い影響を起こすのか?(親指側手根骨が小指側に近づく)
あなたの身体で感じ取れるようになるかも知れません。

もし、あなたの手中に以下の物があったとすれば…

包丁、カップ、ホース、あらゆるハンドル、ノブ、カバン、などを持つ時にも注意してください。

私は、常に親指は別物と考え、意識している時は、伸ばしています。洗剤などは、スプレー式に移し替えます。


(包丁の握り方などは、近々動画を配信する予定です。お楽しみに🤗)

私が、試行錯誤で到達したテクニックがここに集まっています。😅

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中