《手と身体の繋がり検証》パート7 〜あなたの姿勢を左右する【親指側②】〜

私たち一人一人は、身体の使い方が同じではありません。
身体の捻り、指の捻り、腕の捻り、それぞれに特徴があります。

身体のズレ方によって、戻す方法が一人一人異なってしまいます。マニュアルは存在しません

指一本一本の爪も同じです。

私たちは、それぞれが自分達の考える身体の使い方をしています。

手骨や指骨もそれぞれズレ方が異なります。そして、指ぞれぞれの爪が、ズレた指骨を筋肉と共に強力的に固定させてしまいます。

私自身の身体のズレも
「まさか。。。こんなズレ方?。。。」の連続でした。
それは、私だけの骨格のズレ方です。

親指全体をほぐすことは、身体全体をほぐすことへも繋がっていることを、忘れないでください😙

-まとめ-

親指の本来の位置は、手首から親指指先をピン!と伸ばしきったイメージと考えましょう。

その時、同じように小指も指先までピン!と伸びきっていれば、身体も気持ち良く動いてくれるでしょう。

手根骨は全体が平べったく横に広がっている感じが良いですね。😊

確認する方法は

掌をテーブルなどに広げた時、すべてがテーブル面に密着するイメージ。

その状態は、あなたの姿勢も整っていることに繋がっています。

☆硬直した筋肉は、触れば柔らかくなります。あなたには触る習慣が必要です

-1ポイントレッスン-

親指中指骨の筋肉は胸部を通っています。

肺に近いとても大切な部位です。

鼻詰まり・肺の圧迫・顎の圧迫など身体の正中線周辺に影響します。

回復するには、筋肉の柔軟性が必要です。

このことについて詳しくは「手と身体の繋がり解説」の最終話でお伝えいたします。

これだけ解説に取り組んでも、まだまだお届け出来ないことがあります。
詳しくは、セルフケア コーチングで、あなたの状態について、お話しさせて頂きますね。

因みに、

サロンのお客様の姿勢は、継続した施術で回復しています。ご年配のお客様が「徒歩で一時間かかる距離も、休憩なく歩くことが可能」となっています。😊

今回のテーマ「親指の筋肉とその骨」で、あなたの姿勢が基本の位置に整うと、私達の既成概念として定着している年齢でイメージする姿勢が無意味になることでしょう。🤗

あなたの生活の中に『手の労り』が習慣化されることを期待しています🤗

応援してます🤟

今日もあなたにとって、素晴らしい1日になりますように🤗❣️

Good luck 👍

See you again 💕

長文をお読み頂きありがとうございました😊

回復テクニックやセルフケアレッスンはコーチングにてお伝えしております。

セルフケア コーチング専用HP←コチラ

サロン マーテルでは

あなたに贈る

健康アドバイスを伝授しております(^_-)-☆

💞恋のサインに気付く瞬間

🌸日本の桜  ヒーリング動画

セルフケア コーチング専用HP←コチラ

↑↑↑↑↑

読むだけでもアドバイス満載

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中