【健康になる秘訣】身体の反射区《チック症》の悪化を防ぐ方法とは。。(顎の傾きと身体の関係)

こんにちは
ヒーリング.エクスパート
マーテルです

実践と立証を基に
《健康になる秘訣》
と題して、お伝えしています


セルケアを学ぼう 専門HP

あなたの既成概念の改め方をお伝えします

今回は、不調で悩んでおられる、大切な知人に当てたメッセージをシェアしたいと思います。🥺

この内容は、あなたにも目を通して頂き、今後の身体を労るときのアドバイスになれれば。。。

と考えます。

手と身体の繋がり全章 ←コチラから
このメッセージは、不調つづきで悩んでいた私が、自身の身体を労り続けると。。。その時に身体から受け取ったサイン。
そのサインが【反射区】への気付きとなった、動物的能力(自然治癒力)を証明しています。
全ての人が、私のように、身体と手や足などの【反射区】を感じ取り、身体からのサインを受け取れるようになれば。。。との思いを込めています。

私のように、身体との調和が既に取れていると。。

身体の一部位の不調に気づいた場合に

その患部の筋肉を解します

これは,私にとっての習慣です😊

その時、私の体内でサインが降りてきます

「反射区に当たる部位も触るように!!」と。。。

身体からの指令が聴こえます😊

この時の指令は

『耳をほぐしなさい』との指令でした☝️

私は左側のお尻や腰を解していました。

なので

『耳』と『腰周り』は反射区であると言えますね☝️

あなたも毎日、身体を触り

あなたの身体と調和ができていれば、

私と同じように《反射区》に気づくことができるでしょう。🤗

それは、とても大切なことです。🤔

今回の身体からの指令は

「耳」でした。

それでは、この「耳」と「腰回り」についてお話ししましょう。

何故?私が腰周りを解していると

「耳をほぐしなさい」と言う指令を聴いたのでしょうか?

私の身体の使い方の癖として

胴体からお尻までを使い

右側に捻ることがよくあります。

あなたはどうですか?

これは、長年の癖となり、骨格も少しづつ

捻りながらズレています。

ズレた骨格の周りの筋肉は

血液の流れが悪くなるので、少しずつ筋肉も硬直しています。

この骨格と筋肉のズレや硬直は、腰回りだけでは収まりません。💦

それは、反射区である「首や耳」へ影響されていることになります

この反射区への影響とは、🤔

腰周りと同じように

首の骨格は右に捻るように右側にズレます

耳と繋がる首まわりの筋肉は

真っ直ぐ縦に伸びず

左側から右側に捻ったまま

硬直していることになります。(筋肉がねじれるように)

この時

筋も同じように左側から右側に捻り

伸び切って(引っ張られ)しまうため

時折痛みを感じるようになります。

この痛みは、筋肉の捻りの影響で血管もズレを起こしているため。
血液が正常な流れになっていない状態です。

この状態が《チック症》(=顎のズレ)に繋がることを覚えておきましょう。(同じように胴体から大腿骨の筋も伸びきっているため、痛みを感じてしまいます)

*痛み=血液の滞り

この症状は、腰から始まったものか、首(顎)から始まったものか

どちらとも言えませんが、現在は腰と首(顎)に同じような不調が現れている。と言うことです。

私の不調もあなたの不調も

たった一部位だけではなく

《反射区》に当たる部位にも影響していることを

覚えておきましょう。😉☝️

例えば

知らず知らずのうちに

あなたの癖として

右側を向く回数が増えている場合、

・テレビは貴方の右側にありますか?

・就寝するときの姿勢も右側を向いていませんか?

・あなたの関心があるものが右側にないですか?(お子様や美しい景色など)

😉右に首を傾けたりすることが多いと言えるでしょう

もしかしたら、ヘアスタイルもアシンメトリーなのかも知れませんね (自然に首が傾きます)

車の運転をしているときは

・膝や足先が右に向きやすくなっていませんか?(バイクや自転車に乗る時にも注意しましょう)

・椅子に腰をかけるときの膝や足先は?

・洗面所で歯磨きをするとき、壁に圧迫感は感じませんか? (無意識に身体は歪みます)

このような動作にも

注意を払ってみると良いかも知れません。🧐

この(耳に繋がる)首や顎の傾きが「チック症」につながることを覚えておいてください。

*きっかけは、ほんの些細なことから始まります。
些細な仕草が癖と変化し、骨格の捻りやズレを起こします。
そして。。。筋肉にも影響し不調を感じ取るようになります。
少しでも早く。。。気付けたなら🥺

あなたのすべきことは。。👩‍🏫
どのように、身体の捻りを整えて、どのような身体の使い方が、不調を予防できるのか?
を学ぶ必要があります。*

*《サロンマーテル セオリーに基づいた反射区》とは、独自の方法で立証しているため、多くの他の業界の概念とは異なります。


セルケアを学ぼう 専門HP

現在では、マスク着用が必需品となっています。

このマスクの着用が大きく関わるため

チック症に悩む方や

症状が悪化している方が

多くなってきていると

私は心配しています。🥲

このことは、コロナが原因でマスク着用が必須条件となった時から、注目しブログでもお伝えしていました。↓

今 最も注意すべきこと《マスクの着用》マスクの着用によって起こる骨格のズレ

今からでも注意して頂きたいことは、

・マスクの紐は厚みや大幅でないもの

・マスクの紐は短すぎないもの

・マスクを長時間着用せず、時々外し耳周りや顎、首の筋肉をほぐす

など

とても注意が必要です☝️

今 最も注意すべきこと《マスクの着用》マスクの着用によって起こる骨格のズレ←コチラから

顎のズレは、喉にも影響するため

呼吸困難の症状も現れるかも知れません。🥺

注意が必要です💦

これらの症状を回復するには、冒頭で述べたように、ほぐすことが肝心です。

《筋肉をほぐして骨格を元の位置に戻す》

このことを目的として、

これからは

*右側を向く回数に注意する

*意識して左側を向いたり、首を回したりしてみる

セルフケアで悪化を防ぐようにしてくださいね😅

もちろん、腰も同じですよ😁

「親指の傾きとチック症について」
↑ コチラから

ワンポイントアドバイスとして

親指の傾きにも注意しましょう

貴方の親指は傾いていませんか?

それは、顔を横に向きすぎて首の筋肉や筋がずれていることを身体が、あなたに伝えています。

親指について詳しく知りたい方は コチラ

《チック症》に繋がる親指の傾き←

毎日,忙しくお過ごしだと思いますが。。

あなたの健康は

あなたがどんなアクションを起こすかで

不調に傾くのか

健康へ導かれるのかが決まります🤔

良い選択をしてくださいね😃

今日も素敵な1日になりますよう

お祈りいたします😊

have a nice day💖

see you👍

最後までお読み頂きありがとうございました

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中