【健康になる秘訣】骨格から診た便秘を検証☝️便秘解消法を解説🎊

あなたは、これまでの解説から、あなたなりの方法を思いつきましたか?🤓

ここまでは,骨格の圧迫と筋肉の硬直について、お話してきましたね。

では、骨格から診て

便秘を解消するために必要なことは?🤔

💡☝️

この状態の逆を考えれば、良いということになりますね。

骨格から診た便秘解消方法


筋肉を柔軟に戻す

《筋肉を柔軟に戻す》とは。。。
わかりやすそうで,わかりにくいかも知れませんね。

例えば、パン生地を捏ねるように、硬直した筋肉を一旦、周りから中心へ向かい筋肉を縮めます。
そして、中心に集まった筋肉を〈こねる〉ように揉み解します。(画像参照)
『硬直した筋肉』とは言っても。。。😅
人それぞれ、硬直度が異なります。

それによって、筋肉を柔軟に戻す方法も、同じ数だけ,あるでしょう。

🤔例えば。。。

☆仰向けに寝転んで、腹部をこねてみる
☆横向きに寝転んで、ゆるんだ腹部をこねてみる(左右)
☆下向きに寝転んで、腹部をたるませ、ゆるんだ腹部全体をこねてみる

   というような方法はいかがでしょうか?😄

私は、時間のある時にリストに挙げた方法を試します。。
ウエストに刺激を与えるので、ウエストのクビレに期待できそうですよ👌

圧迫されている骨格を広げる(伸ばす)

《圧迫されている骨格を広げる》とは,日常の姿勢によって凝り固まった筋肉で覆われる骨格は、解された筋肉によって、広げ(伸び)やすくなると言うことです。

解された筋肉に覆われた骨格は、日常の姿勢での圧迫から開放されます。

筋肉の柔軟性の回復と同時に、血液も流れやすくなります。

画像のように上下に広げてみましょう。

*背部も同様に上下に伸ばしてしてみましょう。

何回も行うことで、筋肉は柔らかくなり、腸から元気な音が聞こえてきます👂🔔

『キュ〜〜〜〜〜〜〜ゥ!」

あっ 動いた!!😵


縮んだ筋肉を伸ばす(広げる)ようにマッサージする

《縮んだ筋肉を伸ばすようにマッサージする》とは、
日常の癖や姿勢によって圧迫された骨格を基の状態に戻すことを表します。

『筋肉を柔軟に戻す』を行った後に、マッサージを行うことがベストでしょう。😊
このマッサージは『のの字』を描くより効果的だと、私は実感しています。

あなたは、『歪んだ姿勢や縮んだ骨格は、基に戻らない』と思い込んでいませんか?

もし,あなたがそのような概念をお持ちであれば、すぐに捨ててしまいましょう。😊

私もこれまでの人生で、幾度となく身体に衝撃を与えています。そして、それは大きな身体の歪みとなっていました。

・頭から床に落ちて、超打撃
・腕から地面に落ちて、超打撃
・足元から滑って、半身打撃
   など。。。

💡骨格と筋肉の調整で、全てが基に戻ることに気付いてからは、植え付けられた概念は、私の中で崩壊しました。🤗

それは,あなたにもできるでしょう💡


☆筋肉は,触れば柔らかくなる
☆柔らかくなった筋肉に覆われた骨格は、あなたのテクニックで少しづつ位置を基に戻すことが可能になる

画像のように柔軟に戻した筋肉を、少し力を加えながら動かし、徐々に骨格を広げましょう。丁寧に時間をかけることがコツです。👍
骨格が広がることでより一層筋肉は伸びやすくなり、血液は正常に流れ出し、酸素も巡るようになります。

そして、筋肉で覆われた内臓(大腸)は動き出します。大腸の反応が早い方は、大腸が動き出した途端『キュルキュル〜 キュルキュル〜』とお腹が鳴り始めるでしょう🥰これを私は《スッキリコール》と名付けています。この《スッキリコール》が鳴った後は、水分を摂っておきましょうね。

何かが、期待できそうです🎈

仰向けで脱力し、血液を全身に循環させる

《仰向けで脱力し、全身に血液を全身に循環させる》とは
私たち人間は二足歩行であるため、血液の巡りが全身末端まで循環しにくくなっています。

そして、仕事や食事、いろいろな作業の大半は、座っていることかも知れません。

勿論、私も、座って文章を入力しています。

しかし、座位の体勢は、骨盤を内側に丸めています。
その為、大腸が圧迫され正常な機能が低下してしまいます。


それを回復するためには、腹部の筋肉を緊張から解き放す必要があるでしょう。

あなたの勤務中には、出来ないことかもしれませんが、『腸を伸ばす』意味でも、休憩時間に「伸び」を心掛けてみましょう。

☆ここでの目的は《腸を伸ばすこと》間違っても、〈腕だけを伸ばすこと〉がないようにしてくださいね。

そして、自宅にいる時は、画像のように全身に血液が行き渡るイメージで10分間ほど大の字に寝転んでみましょう。胸の下のみぞおちを少し持ち上げるようにすると効果的です。

勿論、そのまま眠りについてもOKです🙆‍♀️


反射区に当たる手指骨や筋肉をマッサージする

『反射区に当たる手指骨』とは?
身体には、「反射区」が存在します。現在、私が研究した結果、あらゆる部位が反射区となっています。このことについては,改めて解説させていただきます。

今回の腹部と手指骨がどのように繋がっているのか、を少しお伝えいたします。
この画像のように、肋骨と種子骨内側が反射区となります。
親指を頭蓋骨と考え縦位置にすると、あなたは理解しやすいかも知れませんね。

あなたの身体で、腹部と中指骨が〈反射区〉としての繋がりを確認できますか?(感じ取れるでしょうか?)

あなたの腹部の筋肉が硬い場合、この中指骨で包まれた筋肉も硬いでしょう。腹部の筋肉を柔らかくするのと同じように、手の筋肉も柔らかくするために触り続けてください。

身体は同じように反応します。

この反応が、反射区です。

そして、マーテルセオリーでは、この反射区を利用して、解消法や回復法を考案しています。


*『マーテルセオリーによる反射区』とは、独自の方法で立証しているため、多くの業界の概念とは異なります。

以上の方法を試して頂くと、筋肉が柔らかくなると同時に、今まで滞っていた血液が正常に流れ始めます。

血液が流れ始めると、全身に血液が循環するので、体温は上昇し、あなたは眠りに落ちて行くでしょう。

そのまま眠って頂くことは、とても有効です。

3ページ 食事以外の便秘の原因 付録 へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中