【健康になる秘訣】《疲れ目》原因を姿勢・骨格から探る 血液の滞り解消法😳 解説しましょう🤹🏻









*『マーテルセオリーによる反射区』とは、独自の方法で立証しているため、多くの業界の概念とは異なります。
眼=《胸》を反射区と考える

私たちの身体は、常にあらゆる部位が
連動して動いています。

あなたは、この連動した反応を
毎日、確認することはないかもしれません。

しかし、この繋がりに気付き
身体の連動に意識を持っていくと

思いもよらなかった
身体の繋がりをあなた自身で
確認することができるようになります。

これは、とても不思議で、
とても楽しく感じることになるでしょう。



リストに沿って解説してみましょう


眼と身体の繋がり《胸・背部》

あなたの《疲れ目》には
作業に集中し過ぎたために

無意識に崩れてきた
あなたの姿勢が

関わっていることを
覚えておきましょう



例えば

作業をし始める時には
姿勢を意識しながら
〈偏らないように。。。〉とか
〈胸を張って。。。〉とか

姿勢を整えることを意識している方も
多いと思います

しかし、
時間が経つにつれて

おおよそ、多くの方は
前のめりな姿勢に崩れていく
のかも知れません。

この前のめりの姿勢が
胸を圧迫していることに
気付く必要があるでしょう。

何故なら
あなたが夢中になっている作業には
全て、『手』を使っている筈だから。。。

〈身体の前に手を出して行う作業には
 あなたの腕や肩も基本の位置よりも
 前に伸ばしていることになるでしょう。〉
この画像のように
眼と胸が反射区であり

身体の動かし方や身体の状態によって
あなたの眼の周りが反応していると
考えてみると

身体の前に伸ばした
あなたの腕や肩が

血流に影響を与えていることが
わかりますか?


身体と同じ反応が
あなたの眼の周囲に起こっています

それは、
鼻骨とコメカミが圧迫されている状態ですね
『疲れ目』は
この血流の圧迫によって
生じる症状と言えるでしょう

因みに
『疲れ目』を感じた時
あなたは
どの部位を摩りますか?
との部位に刺激を与え
疲れや視力を取り戻そうとしますか?


その自然に行っている回復方法は
私たちに与えられた治癒力です

滞った血液を流すために
血液の流れを促しています

あなたも
無意識のうちに
自然治癒力を使っていることに
気付いてくださいね
そして、
前のめりの姿勢は

背部を丸めていることにも
なりますね。

胸の圧迫は胸部を凹ませ
背部を凸出すことになります

この時
肩甲骨は上に上がり飛び出ている状態です


あなたの広背筋(背中の筋肉)も
伸び切ってしまうため

背部の血流にも影響が起こります

これが多くの〈疲れ〉の原因です

眼と身体の繋がり《手》

さて、
このリストは

《手》と《眼》の繋がりを解説致します。

あなたは
気付いていましたか?

《手》と《眼》が繋がっていることに。。。

私も
意識して考えることがなければ

この繋がりについて
立証することもできませんので
お伝えすることは不可能だったと思います。

しかし、
月日を費やし
検証した上で解説できることを
嬉しく思います。😙
私たちは
集中して作業をするときは

身体は前のめりになり
お顔も前に下がるような
状態になってしまいます。

そして、
当たり前に使っている《手》は
丸まったままを維持し
動かし続けています

この時
あなたの身体やお顔と同じように
手の中の《眼》に当たる部位が
圧迫されています。

手と身体は繋がっているため
手を握っている状態は
血液を全身に流れにくくしてしまいます。

特に
《眼》に当たる部位は
《心臓》とも言い換えられるため

常にほぐし、筋肉を柔軟にしていることが
大切です

手の画像に
《眼》を合成してみました😙

いかがでしょうか?

あなたの予想通りだったでしょうか?😚

一度
あなたの掌で確認してみてくださいね。


例えば

あなたが眼を閉じて
この部位を強く圧してみたり
刺激を与えたときに

身体のどの部位に
同じ刺激を感じるか
お顔のどの部位に同じ刺激を感じるか

観察と確認をしてくださいね。

確認ができたなら
画像のように血液を流し

血液に含まれる酸素を巡らすように
してみましょう。

硬くなっていた筋肉が柔らかくなると
血液は流れ始めます

暫くは
何の変化も感じませんが

眼に明るさを感じたり
ぼやけていた視界が
はっきり見えるようになってきます

この方法が
あなたにとって健康に繋がる
ケアであると判断できたなら

毎日、欠かさず
行って日課にして頂けることを望みます

眼と身体の繋がり《頭部》

私たちの
お顔や頭の骨格も

些細なことで
ズレを起こします

見た目は
一つの個体に見えていますが

一つ一つの
骨が縫合されています


特に
鼻には軟骨があるため

メガネを長時間かけていると

その軟骨がズレやすくなり
骨が出ているように感じてしまいます

私はメガネをかけませんが

作業によって
肩を上げたりすることが多い場合

鼻の骨格がズレるため
鼻の横側の高さ(凸)が
左右違っています

これは
肩と胸骨のズレを表しています

では
あなたが
《疲れ目》を感じる時

あなたの頭部は
どのようなズレを起こしているのでしょうか?

あなたが
集中して作業をしていると

お顔の骨格は画像のように下がっています

集中して一点を見つめたりすることで
お顔の周りの骨格が
中心部へ寄ってきます

この時
顔面頭蓋骨は、中心部へ圧迫され始めます

。。。血液の滞りが始まります

この場合
一番圧迫を感じるのが

鼻とコメカミになるでしょう
顎にも圧迫は感じていますが。。。

(今回は《疲れ目》についての解説なので😣
沿ったお話の時にお伝えいたしましょう😅)

この圧迫によって
頭頂骨や後頭骨(コウトウコツ)が上に上がり
横に広がってしまいます

身体で言い換えると
背中が広がっているのと同じことになります

この骨格にズレによって
《疲れ目》を感じた時

頭が痛く感じるのは、そのためです

引っ張られた骨格に合わせて
筋肉も伸びてしまいます

伸び切った筋肉の中の血液は
流れにくくなり

《疲れ目》の要因になってしまいます


下顎骨がズレると
噛み合わせもズレます
あなたは
《疲れ目》を解消するために
上を向くことがありませんか?

それは
広がった頭部の筋肉と骨格を
基に戻すために

あなたが自然に行っている
治癒力です。

頭部の筋肉を弛ませ
柔軟になった時

首の辺りまで
その弛みを流してゆきましょう。

血流が良好になり始め
あなたは眠りに就きたくなるかも知れません。😚
*『マーテルセオリーによる反射区』とは、独自の方法で立証しているため、多くの業界の概念とは異なります。


身体の繋がり《反応》

この円の中を観察してみましょう

あなたは何を感じますか?

今までの解説を
全てお読み頂いたなら

お解り頂けるかも知れませんね。


この痛みを感じている人の身体は
全て同時に反応しています



《疲れ目》を感じた時も
身体、全てに反応していることを忘れずに

《眼》だけをケアするのではなく
身体全体を動かし
滞っている血液を流すようにしてくださいね

私のおすすめは
大の字になって
寝転ぶことです


あなたの血液を
末端まで全身に巡らせてくださいね🥰
あなたの動作や姿勢が
身体に与える影響について
簡単にお話ししましょう

①トップスによる影響

画像を観察してみると
トップスの締め付けにより
肌や筋肉を圧迫させていることがわかります。

この状態でエクササイズをせずに
長時間、動かずにいたら
トップスの形が肌に付いてしまった
ことはありませんか?

肌に形が付くということは
血流の滞りを示します。

この状態を
あなたのお顔側面でイメージしてみましょう。

側面の血液が留まり
血流に影響が出てしまいます

身体にフィットしたトップスは
ただファッションのためだけに
着用するのは、おすすめできません。

しかし
トップスを着用してエクササイズを受けた場合
あなたが、身体を動かすことで血液は、
滞ることなく巡っています。

エクササイズ中は。。。です😅

トップス着用したまま 休憩した場合
一気に血流が滞ることを 覚えておきましょう

エクササイズが終われば
ゆったりとした服装に着替え
ゆったりとした時間を過ごすことが
健康へ導かれます。
(血液を流すことが大前提)



②肩を上げた影響

画像を観察してみると
あなたは気付きましたか?

背中が〈V〉を描いていることに。。。

肩を上げることで
肩甲骨や肋骨を
引き上げています

引き上がった骨格の内側(中心寄り)の
筋肉は圧迫してしまいます

この背部と同じことが前面に影響されています

胸筋は圧迫され
胸骨は凹んでいるでしょう。

このまま
同じ状態を
あなたの眼の周りでイメージしてみてくださいね



3ページへ 補足

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中